内臓脂肪・中性脂肪・コレステロールの違いを知ってますか?

 

 

脂肪には内臓脂肪や皮下脂肪といった体脂肪と中性脂肪やコレステロールなどの血中脂肪があります。

 

内臓脂肪は主にエネルギーが不足した際に補給出来る様にエネルギーを貯蔵する役割があります。
コレステロールは細胞膜やホルモンの原料として利用され、中性脂肪は体を動かすエネルギー源として利用されます。

 

このようにそれぞれの働きや性質は異なりますが、どれも生命維持に不可欠な存在です。
しかし、過剰に蓄積された脂肪は高血圧、脂質異常、糖尿病、動脈硬化など生活習慣病の原因になる事から、脂肪をコントロールする事が重要視されています。

 

  内臓脂肪 コレステロール 中性脂肪
脂肪の種類 体脂肪 血中脂肪 血中脂肪
役割 エネルギーが不足した際に補給出来る様にエネルギーを貯蔵する役割 細胞膜やホルモンの原料 体を動かすエネルギー源として利用
共通点 過剰な場合は生活習慣病の原因となる

 

内臓脂肪とは?

内臓脂肪は筋肉と内臓の間につくので、皮膚の下につく皮下脂肪の様に手で掴む事が出来ず、見た目からも判断しずらい脂肪です。

 

内臓脂肪の主な働きと特徴
エネルギーの貯蔵

必要な時にエネルギー源として燃焼され、不足したエネルギーを補給します。

内臓を守る

衝撃などから内臓を守る働きがあります。

男性につきやすい

男性ホルモンが内臓脂肪をつきやすくする働きがあるので、男性につきやすいとされています。

増加しやすく減少しやすい

内臓脂肪は筋肉を動かすエネルギーとして使われ代謝が活発なので、増加しやすく減少しづらい皮下脂肪と比べて、運動や食事などを改善する事で比較的容易に落とす事が可能です。

 

リンゴ型肥満

正式には「内臓脂肪型肥満」と呼ばれ、お腹周りに脂肪がつき体系が丸く見えるので、リンゴ型肥満と呼ばれています。

 

外見的には痩せていても体脂肪を測定すると内臓脂肪値が高い「隠れ肥満型」の人も少なくありません。


生活習慣病の原因

内臓脂肪が過剰に蓄積されると、高血圧、脂質異常、糖尿病、動脈硬化などの原因になります。

 

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)

内臓脂肪型肥満で、高血圧、脂質異常、糖尿病などのうち2つ以上の症状が出ている場合、メタボリックシンドロームと診断されます。

 

中性脂肪との関係

中性脂肪が過剰に増えると、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されます。

 

コレステロールとは?

血中脂肪のコレステロールの約80%は体内で作られ、20%は摂取した食べ物から吸収され、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の2種類に分かれます。

 

コレステロールの主な働きと特徴
細胞膜の原料

人間の体は約60兆個の細胞から出来ており、コレステロールはその細胞1つ1つの細胞膜を作るための原料になります。

ホルモン(副腎皮質ホルモン、性ホルモン)の原料

副腎皮質ホルモンは糖質やたんぱく質の代謝を助け、性ホルモンは性機能を助けます。

胆汁酸の原料

胆汁酸はコレステロールから合成され、脂肪の消化・吸収を助ける働きがあります。

生活習慣病の原因になる

悪玉コレステロールが過剰に増加すると、高血圧、脂質異常、糖尿病、動脈硬化などの原因になります。

中性脂肪との関係

中性脂肪が増えると善玉コレステロール(HDL)が減り、悪玉コレステロール(LDL)が増えます。

 

中性脂肪とは?

中性脂肪はトリグリセリドとも呼ばれ、体を動かすエネルギー源です。

 

中性脂肪の主な働きと特徴
エネルギーの原料

食事で摂取された糖質、脂肪、たんぱく質は体を動かすエネルギー源として利用されますが、使い切れず余ったエネルギーは中性脂肪として蓄積されます。

外気や衝撃から体を守る

体温を一定に保つ断熱材としての役割や衝撃から体を守る役割があります。

生活習慣病の原因になる

中性脂肪が過剰に増加すると、高血圧、脂質異常、糖尿病、動脈硬化などの原因になります。

内臓脂肪との関係

中性脂肪が過剰に増えると、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されます。

コレステロールとの関係

中性脂肪が増えると善玉コレステロール(HDL)が減り、悪玉コレステロールが増えます。

 

脂肪が増える主な原因は?

  • 過食(主に糖質・脂質)
  • アルコール
  • 運動不足
  • 加齢
脂肪を減らす方法は?

過剰な中性脂肪は内臓脂肪の原因となり、悪玉コレステロールを増加させる原因にもなる事から、中性脂肪を減らす事で内臓脂肪と悪玉コレステロールを減らす相乗効果があるとされています。

 

運動

ウォーキング、ランニング、スイミング、サイクリング、エアロビクスなど脂肪を燃焼させる有酸素運度が最も効果的です。
体内の余分な糖質や脂質を消費するので、内臓脂肪、コレステロール、中性脂肪の減少に直に影響します。

食事

糖質や脂質を抑え、中性脂肪を下げる効果のある食品を摂取しましょう。

 

脂質を増やす食べ物

糖質

白米、パン、麺類などのデンプン、果実に多く含まれる果糖やブドウ糖、お菓子に多く含まれる砂糖などは、どれも肝臓で脂肪酸に変わり中性脂肪の原料になります。
中でも果糖、ブドウ糖、砂糖は体内での吸収が早く中性脂肪になりやすいとされています。
また、スポーツドリンクを含む清涼飲料や炭酸飲料水にも糖質が多く含まれています。

 

脂質

牛・豚の脂身、ソーセージ、ベーコン、ハム、バター、チーズなど動物性脂質が多く含まれている食品。

 

アルコール

アルコールは少量であれば健康促進になると言われていますが、過剰摂取は中性脂肪が蓄積されます。

 

脂肪を減らす食べ物

青魚

さばやいわしなど青魚やまぐろ、さけ、ぶりなどに多く含まれるオメガ3系脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)には、中性脂肪やコレステロールを下げる効果があります。
魚以外では、アマ二油、エゴマ油、シソ油などにも含まれています。
また、DHA・EPAは効率的な脂肪燃焼に必要な栄養素とされています。

 

大豆

肝臓で糖質が脂肪に代わるのを防ぎます。また、納豆に含まれる納豆キナーゼが中性脂肪やコレステロールを下げる作用があります。

 

黒酢・酢

酢に含まれるアミノ酸の成分が脂肪燃焼を活性化させる作用があり、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らします。

 

玉葱、ニンニク、にら、ねぎ

アリシンという成分が中性脂肪やコレステロールの増加を防ぐ作用があります。

 

唐辛子

辛味成分である「カプサイシン」が脳を刺激し、興奮作用を引き起こすホルモンの「アドレナリン」が分泌され、体内の中性脂肪がエネルギーになりやすい脂肪酸に変わるとされています。

 

食物繊維が豊富な食べ物

ごぼう、大根、キャベツなどの野菜類、椎茸やえりんぎなどのきのこ類、ひじきやわかめなどの海藻類は、糖質も脂質も少なく食物繊維が豊富な食材です。これらは腸内で余分な中性脂肪を吸収し排泄してくれる効果があります。

 

ウーロン茶

ウーロン茶重合ポリフェノールが脂肪の吸収を抑え、脂肪分解を促進する効果があります。また、中性脂肪を体外に排出してくれる作用もあるとされています。

 

内臓脂肪、コレステロール、中性脂肪のそれぞれの働きや性質は違いますが、互いに深い関わりを持っています。
どれも体内に過剰に蓄積されると生活習慣病などの原因になるので、日々の食事や運動で改善や予防をしましょう。

関連ページ

キチンキトサンで内臓脂肪が落ちるってマジ?
内臓脂肪の燃焼もダイエットもメタボ改善も成功させたい!そんなあなたにおすすめな成分がキチンキトサンなのです。
ノニに含まれる成分が内臓脂肪を減らすってホント?
中年から一気に落ちにくくなる内臓脂肪。ノニに含まれる栄養素がどのように内臓脂肪に対して働きかけるのかを解説いたします。

このページの先頭へ戻る