シボヘールの主成分『葛の花イソフラボン』の驚くべき3つの力

 

落ちにくいお腹の脂肪を減らすのを助けるサプリメントとして話題の「シボヘール」。
主成分の「葛の花イソフラボン」は、今、その優れたダイエット効果に注目が集まっています。

 

イソフラボンと言えば、大豆に含まれる成分として、その高い美容効果で知られていますが、「葛の花イソフラボン」はまだあまり馴染みがありません。
葛の花イソフラボンとはどのような成分なのでしょうか。
葛の花イソフラボンについて、その驚くべきダイエット効果と上手な活用の仕方を紹介します。

 

葛の花とは

 

「葛」はマメ科の多年草で、秋の七草の一つに数えられています。
夏から秋にかけて紅紫色の花を咲かせますが、「葛の花」と聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。

 

日本では、葛の「根」を用いて葛粉を作り、葛きりや葛もち、葛菓子など和菓子の材料などに使ったり、また漢方薬(葛根)として使うなど、葛の根は古くから人々の生活に欠かせない身近な存在でした。

 

近年になって、葛の「花」の成分の一つである「イソフラボン」に脂肪を減少させるはたらきがあることが明らかになり、今では「シボヘール」をはじめ、「葛の花イソフラボン」が主成分のダイエットを目的にしたサプリメントが次々に販売され、特に脂肪が落ちにくくなった中高年層の間で話題を呼んでいます。

 

「葛の花イソフラボン」にある3つの驚くべき力

 

「葛の花イソフラボン」と「大豆イソフラボン」は、イソフラボンを構成する成分が違うことからその効能も違ってきます。

 

大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用があり、肌の代謝を促進し、髪のハリやツヤをよくしたり、女性らしい皮下脂肪を発達させたりします。
これに対し葛の花イソフラボンには以下のような3つの驚くべきダイエット効果が確認されています。

 

 

脂肪の分解を促進する

三大栄養素である糖質、脂質、炭水化物は、体内で脂肪酸に分解されてエネルギーとなります。
このような体内で生じる化学変化やエネルギーの変換を「代謝」と言います。

 

代謝は年齢とともに悪くなり、代謝が悪くなると、当然、脂肪が分解されにくくなります。
葛の花イソフラボンには、脂肪の分解を促進するはたらきがあるため、中高年の代謝を高め、ダイエットを効果的にサポートしてくれます。

 

脂肪の燃焼を促進させる

体内に取り込まれた栄養素は分解されてエネルギーになりますが、使い切れなかった余剰分のエネルギーは、「褐色脂肪細胞」というエネルギーを消費して体温を上げる細胞によって熱に変換され放出されます。
褐色脂肪細胞もまた年齢とともに減少するため、年を重ねるごとに脂肪が燃焼されにくくなります。

 

葛の花イソフラボンには、この褐色脂肪細胞を活性化させる作用があるため、加齢によって脂肪の燃焼がされにくくなった中高年の脂肪の燃焼を助けることができます。

 

脂肪の合成を抑える

褐色脂肪細胞のはたらきが弱まり、余剰分のエネルギーが燃焼されずに残った場合、エネルギーは肝臓で再び脂肪に合成されます。
この脂肪の蓄積が肥満につながります。
葛の花イソフラボンに含まれる「サポニン」という成分は、脂肪の合成を抑制するはたらきがあり、脂肪の蓄積を防いでくれます。

 

シボヘールでお腹周りがすっきり

 

このように、葛の花イソフラボンには脂肪の分解・燃焼を促進し、脂肪の合成を抑制するはたらきがあります。
この葛の花イソフラボンを主成分にしたシボヘールを継続して摂り続けることで、中高年の落ちにくいお腹周りの脂肪も減少させることができます。

 

ただし、シボヘールは医薬品ではなく、脂肪の減少を助ける健康補助食品であるため、摂取するだけで痩せるということではありません。
シボヘールを摂取することで脂肪を減少させやすい体を作りながら、併せて、バランスのよい食生活に気を付け、日々適度な運動を行うことがよりダイエット効果を高めるカギとなります。

 

 

実際に、シボヘールの公式サイトでは、BMI(肥満基準)が25〜30の97名を対象に行った臨床試験の結果、12週間でお腹の脂肪が平均20cu減少したというデータも紹介されています。

 

天然成分なので副作用の心配も無し

 

 

前述したように、「葛の花イソフラボン」は、葛の花に含まれる天然成分であり、医薬品でもないので、副作用などの心配もありません。

 

天然成分の葛の花イソフラボンが、脂肪の分解や燃焼など体が本来持っている機能をより高めてサポートすることが、結果的にダイエット効果を生み出していると言えるでしょう。もちろん、

 

天然成分であっても、身体に変化をもたらすものであるため、異常がみられる場合は使用を一時中断しなければいけません。
過剰摂取が下痢や腹痛などを引き起こすこともあります。

 

シボヘールを服用するにあたって、パッケージに書かれた使用上の注意をしっかりと確認し、体調の変化に細心の注意を配りながら、慌てずゆっくりダイエットに取り組んでいきましょう。

 

まとめ

シボヘールの主成分である「葛の花イソフラボン」には脂肪を分解・燃焼し、新しい脂肪の合成を抑制するはたらきがあります。
とくに、代謝機能が衰えた中高年の落ちにくいお腹周りの脂肪減少に効果的です。

 

天然成分であり、医薬品ではない健康補助食品であるため、極めて安全であり副作用の心配もありません。
それゆえ、即効性は期待されませんが、継続することで、少しずつ且つ確実なダイエット効果が期待できます。
使用上の注意を守り、適度の運動とバランスの良い食事を心掛けることで、より効果を高めることができるでしょう。

関連ページ

シボヘールを売っている薬局(ドラッグストア)はどこ?飲み方は?
「今すぐシボヘールが欲しい!」という方のためにシボヘールを売っている薬局・ドラッグストアはどこなのかリサーチしてみました。
シボヘールを楽天で買っても大丈夫?大損しない?
大手通販サイトの楽天で、シボヘールを買っても大損しないのかどうか調べてみました。
シボヘールに含まれる成分を徹底分析!危険な添加物は含まれてない?
シボヘールに含まれる成分と添加物、その効果を徹底分析します。ぜひ参考にしてくださいね。
シボヘールの副作用は大丈夫?危険な添加物を徹底検証!
シボヘールに副作用はあるのかないのか?またシボヘールに危険な添加物などの成分が含まれていないのかどうかを徹底チェックしました。
シボヘールをお試し購入するならココ!意外な穴場を発見!
シボヘールのお試し購入はどこでしたら良いのか?実際購入した人の評価など購入前に気になる疑問をまとめてみました!
妊娠中にシボヘールはNG?授乳中は?そんなママの疑問に答えます!
今話題のダイエットサプリ「シボヘール」は自然由来の体に優しい成分が特徴なので、妊娠中や授乳中でも飲めるのか気になるところですね。
シボヘールは効果なし?考えられる理由は4つ!
シボヘールを飲んだのにまったく効果なし!といったネガティブな口コミも散見されます。シボヘールの効果を感じられない主な理由を4つご紹介します。
シボヘールの効果的な飲み方や飲むタイミングを知りたい!
シボヘールの上手に脂肪を減らすための効果的な飲み方と飲むタイミングを紹介します!
口コミからシボヘールの効果を検証!効果あ?効果なし?
シボヘールの実際の効果はどうなのでしょうか?口コミからシボヘールの効果を探ってみました!
シボヘールの定期コースは1回で解約できるのか?【知らないと損】
シボヘールは1回で解約できるの?違約金はかからない?などいろいろ疑問があると思います。解約にまつわる疑問を全部解消します。
シボヘールと葛の花減脂粒を徹底比較!買うならどっち?
葛の花主成分の人気サプリ「シボヘール」と「葛の花減脂粒」、購入するならどちらがいいのでしょうか?徹底比較してみたいと思います。
シボヘールとスリムフォーの違いを徹底比較!買うならどっち?
シボヘールとスリムフォーを、安全性、成分、飲みやすさ、価格、解約の仕方などあらゆる点から徹底比較します!
シボヘールと葛の花イソフラボンスリムを徹底比較!買うならこれ!
葛の花サプリのなかでも人気があるシボヘールと葛の花イソフラボンスリムを、安全性、成分、価格、解約の仕方の点から徹底比較してみたいと思います。
シボヘールをamazonで買っても大丈夫?損しない?
シボヘールはamazonでいくらで購入できるのか?amazonから購入できれば、定期便やポイントを使ったりと便利に購入できますよね。
シボヘールとヘラスリムを徹底比較!買ってはいけないのはどっち?
葛の花サプリの中でも人気があるシボヘールとヘラスリムを安全性、成分、価格、解約の仕方の点から徹底比較してみました。購入するならどちらがいいのでしょうか?

このページの先頭へ戻る